« おべんとにっき2 | トップページ | 私らしく »

2012/06/09

幽霊の理由

あたしが、今のチームに入って、初めての練習会に参加した日に。

走行中、とある粗相をしそうになった。

知らなかったんだよ。
そういうルールがあるっていうことが。

何より、初参加で、緊張してて、わけもわからず、がむしゃらについていってたときだもの。そんなの、尚更だよね・・・


その行為をしそうなことに気づいた、後ろをはしっていた「とある人」に、
後方から、突然の罵声&両腕鷲掴みで阻止されw

ひゃぁ~すいませ~~~ん。。。

って、平謝り。。。

実は、私・・・

ええっと、公表しちゃうと、実は、PTSDの気があるのですよ・・・。
だからもう、そのとっさの行動に、人並み以上に、びっくらこいちゃって、ね。

以後、トラウマになっちゃったんです・・・。

それから半年以上(もっとかも)、その場所で走ることが普通にできなくなってしまいました。。。

また突然あんなふうに注意されたら、って思ったら怖くて、練習会に参加できなくなっちゃったの。

それが、実は今だから話せる、幽霊だった理由の最たるもの。。。

その人に、悪気があったわけではないし。
うらんだりとか、そうゆーのは、全然ないけれど。
(とゆーかショックだったんだよね。いろんな意味で)
そのいろんな意味を話しちゃうと個人が特定されちゃうから割愛

そして、
だったら、事前に教えてくれたらよかったのにな。って・・・思った。
やってはいけない、ルールがあるのだったら。

言われたら、やらないよ。
馬鹿じゃないんだし。

数年後の今日・・・
私とまったくおんなじ失敗をしちゃってる、新人さんの話を知った。

心がズシーンと、重たくなった。
その気持ちが、すごーくよくわかるから。

知らなかったから、やっちゃったんだよね。
それを後で(その子は影で)注意されて、すみませんデシタ的な・・・

前からいるとか、
後からはいってきたとか、

そういう区切りをつけている以上は、
やはり多少は、そのへんのフォローだって、(一応)先輩たちである、私たちの役目だと思うのに。

いや~な思いをさせてしまって、ごめんね。
不甲斐ない先輩で。

って、心から思った。

もう何年も経つから。
今だから、話せることだけれど。

その子は、たぶん強い子だと思うから、そうやって自分の失敗を公に言えるのだろうけれど。
私みたいに、言えずに、苦しんでいる子たちだって、

もしかしたらいるのかもしれないよな、って。

□本日のごはん□

朝:玄米ごはん、長ネギのお味噌汁、納豆、明太子、さやえんどうの卵とじ

120608_105001

昼:おべんとう

途中で力尽きて、詰めるおかずが思いつかず。きゅうり切って隙間うめた(笑)

夜:レトルトのおかゆ2種、たまご豆腐

↑近々出場するレースにむけての試食です。

□本日のつぶやき□

どこに書こうか迷う、こうゆうシリアスなネタは、

やっぱり、ここでしか書けない、んだよね(苦笑)

|

« おべんとにっき2 | トップページ | 私らしく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おべんとにっき2 | トップページ | 私らしく »